テキサスホールデム・ポーカーのプレイ方法を学ぶ

0
0

テキサスホールデムのプレイを学ぶことに関心のある方へのクイック・ガイド。 

    

テキサスホールデム・ポーカーは、最も人気のある種類のゲームの1つです。人々は家庭でトーナメントを開催し、オフラインのカジノでプレイし、そして世界中の人たちがインターネットで互いに競い合います。ポーカーのプレイを学び始めた人にとって、テキサスホールデムは学ぶのに素晴らしいゲームです。多くの異なる種類のポーカーがありますが、テキサスホールデムは初心者にとって簡単なものの1つです。人がきちんとこのゲームの遊び方を理解するならば、ポーカーに関する基本的理解が得られ、他の形式のゲームに参加することができるようになります。ゲームを学ぶことに。2時間ほど割ける気持ちを持つ人であれば、かなり速く、良い基礎を築くことができます。

    

    

ゲームを始める

    

大部分のテキサスホールデム・ゲームにおいては、2人のプレイヤーがブラインド・ポストしなければなりません。時にはアンティが使われます。ディーラーは、52枚のカード・デッキ(テキサスホールデムは、標準的なプレイ用デッキをしようします)をシャッフルします。それから、すべてのプレイヤーに、裏向きで2枚のカードが配られます。これらは、ポケットまたはホール・カードとして知られています。

    

    

ポーカーのラウンドをプレイする

    

それから、第1ラウンドのベットが始まります。最初にベットできる人は、大なり小なりのブラインドをした左側の2人です。この第1ラウンドは、プリフロップとして知られています。プレイヤーには、コール、レイズ、またはフォルドの選択があります。このラウンドが終わったあと、ディーラーは一番上のカードを捨てます。

    

彼/彼女は、次に3枚のカードを表向きに置きます。これらの3枚のカードはフロップとして知られていて、各々のプレイヤーが自分のものと組み合わせて使う共通カードで、できるだけよいハンドをつくるために利用できます。この後に、もう一ラウンドのベッティングが始まります。それが終わると、ディーラーは再び一番上のカードを捨てて、テーブルの中央にもう1枚を置きます。これは、ターン・カードとして知られています。

    

    

ベットを始める

    

ベッティングが再び始まり、しばしばこのラウンドの間に2回あります。ディーラーは一番上のカードを捨て、最後のカードをテーブルの中央に表向きに置きます。これは、リバーとして知られています。5枚の共通カードが、現在テーブルの中央にあります。プレイヤーは、結局、最後のハンドを作るために、自分の2枚のホール・カードとともに、これらの5枚の共通カードを使います。ベッティングの最後のラウンドになります。まだゲームに残っているプレイヤーはすべて、自分のカードを見せます。これは、ショーダウンとして知られています。最も強い5枚のカード・ハンドの人が勝者となります。

    

    

勝つためにプレイする

    

ポーカーのプレイを学ぶことに興味をお持ちならば、最初はテキサスホールデムがうってつけのゲームです。それは十分に単純で、プレイヤーに他の形式のゲームを学ぶためのしっかりした基盤を提供してくれます。
     

William Hill 日本語