ブラックジャックの本質

0
0

ブラックジャックでヒット、スタンド、ダブル、スプリット、またはサレンダーするタイミングを学ぶ 

    

ブラックジャック・ゲームとその基本的ルールの働きを理解することは、ブラックジャックの本質をつかむ以前の重要な要素です。ゲーム初心者の多くは、リアルマネーでブラックジャックをプレイする前に、いつ、ヒット、スタンド、ダブル、スプリット、またはサレンダーなどをすればよいのかを知りたがります。ブラックジャックのプレイ方法を洞察する上で、これらの各アクションの意味をつかむことが重要ですので、このことは理解できると思います。ヒット、スタンド、ダブル、スプリットまたはサレンダーの行為は、ゲーム中、ブラックジャック・プレイヤーができるさまざまなオプションと言うことができます。これらの個々のブラックジャック・ゲーム・オプションは、以下に説明します。

    

    
ヒット

    
ブラックジャックにおけるヒットの行為は、カードの追加をリクエストすることであると説明することができます。ブラックジャック・プレイヤーは、「バスト」になるかスタンドを決めるまでは、何回でも好きなだけヒットすることができます。

    

    

スタンド

    
ブラックジャックのゲームにおいてスタンドするということは、配られたカードで勝負するということです。プレイヤーが手元カードで満足し、更なるカードをリクエストしない方を選ぶとき、スタンドします。

    

    

ダブル

    
これは、プレイヤーが配られた2枚のカードを見たあとだけに、起きるものです。プレイヤーがダブルダウンした後は、一度だけしかヒットすることができず、したがってカードはあと1枚だけしか受け取れない、と言うことを考えておかなければなりません。したがって、多くのブラックジャックの専門家は、所有カードの合計が9、10または11のとき、ブラックジャックのダブル・ダウン・オプションを利用するのがグッド・タイミングであると推奨します。こうした状況では、バストする可能性はなく、また、ヒットして受け取ったカードが高いハンドを作りだすこともあります。

    

    

スプリット

    
ハンドがペアを含むとき、スプリットが可能となります。この状況では、ペアは2つの別々のハンドに分けることができます。

プレイヤーは、ペアから2枚のカード・ハンドだけに分けることができます。スプリットの場合、新しいベットは2番目のハンドに置かれます。ゲーマーは、バストするかスタンドするまで、それぞれのハンドでプレイします。

    

    

サレンダー

    
サレンダー・オプションは、大多数のオンライン・ブラックジャック・ゲームで利用できます。これを選択すると、プレイヤーはゲームでサレンダーして、賭け金の半分を失い、残り半分を取り戻すことができます。サレンダー・オプションを選べるのは、プレイヤーが特定の状況にある時だけだということに注意する必要があります。このオプションは、ハンドをスプリットした後は選ぶことができません。ディーラーがブラックジャックになったときも、プレイヤーはサレンダーできません。

    

プレイヤーが一度ヒットすると、それまで選べたオプションは、ヒットかスタンドだけに限られますので、注意してください。ダブル、スプリット、サレンダーは、2枚のカード・ハンドのときだけ取れるアクションだということを、確認しておきます。