バカラ用語集

0
0

バカラ用語集を使ってゲームの基本用語を学ぶ 

    

バカラ用語集-概要

    

バカラ用語集は、基本的に、バカラにおいて使われる用語を収集したものです。一般的に使われている用語もありますが、一般的には使われない用語もあります。バカラ用語集では、沢山のフランス語の用語に出くわしますが、その理由は、ゲームそのものがフランスに起源があるというだけのことです。

    

    

バカラ用語集-基本用語

    

  •  このセクションでは、まず基本的で一般的に用いられる用語のリストから始めて、そこから他に移ります。
        
  • バカラ:バカラにおいてまず学ぶ言葉は、言うまでもなく、バカラです。この用語は、ゲーム中に配られたとき最悪のハンドをさして使われます。つまり、合計点がゼロの値のときです。
        
  • バンコ:すべてのお金をまとめて1つに賭けるとき、この言葉を発します。この言葉は銀行のことにも使います。
        
  • バンカーまたはバンコ・ベット:この用語は、バカラ・ゲーム中に、バンカー側に賭けるときに使います。
        
  • クルーピエ:ブラックジャックのクルーピエは、ゲーム中、カードのディーラーを指すのに用いられる別の用語です。
        
  • プレイヤーまたはプント・ベット:この用語は、プレイヤー側に賭けるときに使われます。
        
  • タイ・ベット:タイ・ベットは、一定のバカラ・ゲームがタイになる可能性に賭けるベットのことです。
        
  •  絵札:「絵札」という語は、デッキでジャック、クイーンまたはキング(すなわち「顔」のあるカード)を指します。
        
  • フェード/ロス・ベット:これらの用語は、バカラ・ゲームにおいてバンカー側に賭けることに用いられます。
        
  • ハウス・エッジ:ハウス・エッジという用語は、バカラ・ゲームにおいてカジノ側がプレイヤー側より有利であることについて用いられます。

    

    

バカラ用語集-さらに他の用語

    

  • バカラ・バンク:利用できるバカラにはいくつかのバリエーションがあり、その1つとしてバカラ・バンクがあります。この種のバカラでは、プレイヤーは2人いて、カジノ側がベットを予約します。
        
  • カルテ:カルテという用語は、ディーラーにカードを要求するのに用いられます。
        
  • クー:1ラウンドのバカラは、クーと呼ばれます。
        
  • シュマンドフェール:シュマンドフェールは、別の種類のバカラで、ヨーロッパ・バージョンのゲームです。このバージョンにおいて、バンカー、ディーラーとベットする人は、すべての一人の人です。これは、「鉄道」の意味のフランス語の用語です。
        
  • ル・グランデ:この用語は、「9」のハンドを記述するのに用いられます。ル・グランデは、バカラでは最高のハンドと考えられます。
        
  • マック:8つのカード・デッキが1つのバカラ・ゲームのために使われる形式で、全部で416枚のカードになります。
        
  • パレット:パレットは、伝統的なバカラにおいて見られ、カードをバカラ・テーブルの上に動かすツールです。
        
  • プチ:配られた2枚のカードの合計が、最高8までになるハンドのことで、別の用語では「ナチュラル」と言います。
        
  • スタンドオフ:バンカーとプレイヤーが引き分けになる状況。
        
  • タイ・ベット:タイ・ベットとは、ゲーム終了時の引き分けの可能性に賭けるベットのことです。