バカラのプレイ方法

0
0

バカラのプレイ方法の基本を学ぶ 

     

バカラ入門

    
バカラというゲームは、ギャンブル界に最初に姿を現した時以来、飛躍的に人気を高めてきました。今日、バカラ・ゲームは、伝統的なカジノにおいてだけではなく、ゆったりと居間から直接インターネットに接続して、オンライン上においてもプレイすることができます。

    

伝統的なカジノにおいては、バカラのために仕切られたスペースがありますが、オンラインでは、沢山の利用可能なオンライン・カジノのいずれか一つでバカラをプレイすることができます。バカラは、クラップス・ゲームにおいて見られるテーブルとほぼ同じサイズのテーブル上で、プレイします。合計3人のディーラーとともに、テーブル上で最大12-14人のプレイヤーがプレイすることができます。

    

    

バカラの賭け方

    
バカラには、3つの賭け方があり、そのうちの2つが非常によく使われます。これらは、バンコまたはプントとも呼ばれる、バンカーまたはプレイヤーへの賭けです。第3の賭け方は、あまりよく使われませんが、スタンドオフに賭けるものです。お客様がバカラで遊ぶときは、バンカーまたはプレイヤー、つまりバンコまたはプントのどちらかに賭けることができます。ディーラーは、通常バンカーに賭けます。

    

    

バカラでカードを配る

    
伝統的なカジノにおいては、バカラ・ゲームでのカードの配り方には2通りあります。プレイヤーが配るか、カジノ・ディーラーに配ってもらうかです。伝統的カジノでは、プレイヤーの場合は、配り役を順番に回していくこともあります。その場合でも、配り役になることは義務ではありません。つまり、配り役が回ってきたときそれをパスして、次のプレイヤーに回すことができるのです。

    

伝統的カジノのバカラ・ゲームにおいて、カードを配るプレイヤーは、バンカーが勝っているとき間中、シューターを自分のそばに置いたままにします。しかし、プントが勝つと、即座にシューターの持ち主が代わり、次のプレイヤーに回されます。オンラインでプレイするときは、カード配りはバーチャルなディーラーによって自動的に行われますので、楽です。

    

    

バカラ・ゲームをプレイする

    
バカラはそれぞれ少なくとも2枚のカードが配られ、それは3枚まで増やせます。配り役がディーラーの場合は、カードを自分に2枚配り、シューターの下に裏返して置きます。プント側で最も高額のベットをしたプレイヤーに、同様に2枚のカードを配り、裏返しさせておきます。

    

両者にカードが配られると、このプレイヤーは自分のカードを確かめて、カードを配ったプレイヤーにそれを戻します。次に配り役のプレイヤーは、両者のカードを2枚ともひっくり返します。そのあとで、カジノ・ディーラーが勝者を宣言します。

合計8点または9点のハンドは、『ナチュラル』と呼ばれています。ナチュラルのときは、プレイヤーにはそれ以上カードは配られません。ハンドがナチュラルでないときは、プレイヤーはもう1枚カードを要求することができます。ただし、カジノ・ディーラーは、そのカードを見て最終判断し、プレイヤーにさらにカードを配るか止めるかを伝えます。3枚目のカード配りを規制するルールがあり、このルールはカジノによって微妙に異なります。